Fandom

Scratchpad

きょうだい間流行語大賞

216,261pages on
this wiki
Add New Page
Discuss this page0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

ゆかこときょうだいたちが1996年からはじめたその年の流行語を決めるというイベント。ちなみに流行語は年度ごとに決められる。現在ではゆかこと妹のみで流行語大賞を選定しているため「姉妹間流行語大賞」と化している現状がある。 「何のために決めているの?」と訊く友人が非常に多いが、それに対しゆかこは「流行語によってその年を振り返ることが容易になります」と解説している。

各年度の流行語大賞とその解説

  • 1996年度

きょうだい愛はないのかい」…当時5歳だったゆかこの弟がいじわるをする姉に対して放った台詞。幼児とは思えないその台詞に姉妹が震撼した。

  • 1997年度

粘着リキ」…当時ゆかこと妹が通っていた学習塾でゆかこらがあまりよく思っていなかった生意気小娘(妹の同級生)が「粘着力」を「粘着リキ」と読んだことから、ゆかこらがそれを小ばかにして使っているうちに流行語大賞となった。いまだに「~力」という単語は「~リキ」と呼ばれることが多いのはこの時のこの流行語のためである。

  • 1998年度

(きりんぐみ本名)的」…ゆかこときりんぐみが初めて出会った時の印象が「乙女的」であったために、乙女っぽい色やグッズはこの言葉で形容された。パステルカラー、特にピンク色などがこれとされた。

ハーブの心得」…きりんぐみの趣味が「ハーブ栽培」であったために作られた言葉だと思われる。その当時はゆかこの中できりんぐみの物真似をすることが大ブームであった。後に登場するショウタと仲良くなるきっかけにもこの物真似が使われたが、似ていないと不評であった。

  • 1999年度

ピカチュウにしや」…ゆかこらがいとこの家で当時大流行していたニンテンドー64「大乱闘スマッシュブラザーズ」をやっていた時に、普段めったに自分から声をかけないいとこが突然横から「ピカチュウにしや」とアドバイスをしたことが印象的だったために受賞した。

おいしいかどうかわからないけど」…上の台詞を言ったいとこがドリアを作って持ってきた時に言った台詞。控えめな彼の性格を象徴する台詞として流行語になった。ちなみにドリアは味が薄かった。

  • 2000年度

ゆかこのゆは油断のゆ」…ゆかこの人生において今なお伝説となっている「ショウタ」が、バドミントン大会の時にサーブミスをしたゆかこに言い放った台詞。他に「この低能な下等生物が」等の流行語を生み出した。学年を超えて彼を知らないものはいないというほど有名人であったショウタとゆかこがなぜ関わりを持っていたかというと、興味を持ったゆかこが中学二年の時に彼に話しかけたからであった。後に℃Mがそれを「パンドラの箱をあけてしまったのですね」と表現した。

ありがとうございました」…ゆかこの幼馴染のだいすけによる台詞。書道教室を出る時にボソッと「ありがとうございました」と早口で言う姿がきょうだい間ではツボにはまったためしばらく真似された。この年はゆかこ同級生による台詞がダブル受賞するという珍しい年になった。

  • 2001年度

ナオサン派」…ゆかこの友人「ナオサン」とそれに近い雰囲気を持つ人たちによる平和的集団。ゆかこの親友であるきりんぐみもこれに含まれた。特徴としては「いつも笑顔」「戦いは好まない」などが挙げられる。ゆかこもナオサン派に入りたかったが、規定を満たしていなかったため入ることができなかった。

  • 2002年度

ロリ」…アニメでは「シスタープリンセス」が大流行し、いわゆる「妹ブーム」が到来していた年であった。ゆかこの周りでも「ロリっ娘」が大流行し、ついには「ロリ」というニックネームを持つツワモノまで現れた。ゆかこ高校時代を象徴する単語とも言える。

  • 2003年度

さわやかなデブ」…当時ゆかこと妹が通っていた塾の先生を指した単語。ゆかこが「デブはデブだけど、嫌いなデブじゃないわ」と発言したことからデブ分類分けがなされた。これに対してゆかこは「私はかわいいデブになるわ!」とライバル意識を持っていた。ちなみに他に「せこいデブ」「暑苦しいデブ」などがあった。

  • 2004年度

カトゥー」…ゆかこのバイト先の嫌な奴のニックネームであり、大阪在住のカトゥーとは別人。ゆかこに対してはいつも上から目線で、また女好きとしても知られた。ゆかこが毎日のように「カトゥーが・・・」と愚痴っていたため、ついには流行語大賞にまで選ばれた。人名が関わる単語が選ばれたのはきわめて久しぶりのことであった。

  • 2005年度

悲しみが襲う」…この年はきょうだい間でまわりくどい表現が大流行した年であった。その象徴的表現とされたのがこの「悲しみが襲う」であった。この頃から流行語大賞にマイナスの意味を持つ単語が選ばれるようになる。

  • 2006年度

」…元々は東京メンバーがミクシィの日記の中で絵文字のように使用していた言葉。由来がきょうだい間ではないことから不服とされたが、他に受賞候補がなかったため流行語大賞となった。選定理由をゆかこは「その年を表現するのにもっとも適した一言だったため」としている。

  • 2007年度

ザソネソ」…「イケメソ」「ナソブ」などの表現から姉妹間で「ン」を「ソ」と変換して表現することが大流行した(その逆もあり)。その象徴的な単語となったのが「ザンネン」つまり「ザソネソ」であったため大賞に選ばれた。他に「シ」と「ツ」を入れ替えるという文化も生まれたが、これは10年前にゆかこが通っていた塾の先生が「シール」を「ツール」と表記していたことに由来する。「ザソネソ」がブームとなったことで10年前の文化が再びよみがえったのである。

何事ですか」…プレイステーションソフト「金田一少年の事件簿 ~悲宝島新たなる惨劇~」で登場人物のクリス・アインシュタインが第一の殺人の際に発した台詞。何故かきょうだい間では印象に残り、約8年が経過した今でも使用され、ついに流行語大賞に選ばれた。

Also on Fandom

Random wikia