Fandom

Scratchpad

フォント - コンピュータとアラビア語

215,915pages on
this wiki
Add New Page
Discuss this page0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.


おすすめフォント

サンプル画像は、後で作ります。

フリーなもの

Lateef & Scheherazade

SIL が 2005 年より提供。独自のライセンスですが、非商用では無償です。大変美しいフォントですが、印刷向けでしょう。画面上で読むためには、次の mry_KacstQurn がおすすめです。

mry_KacstQurn

Meor Ridzuan Meor Yahaya 氏による、Kacst Quran に基づく OpenType のフォントです。ライセンスは GPL です。2006 年 2 月に公開。アルファベット他は含みません

12 ポイント (普通の画面は約 96 dpi ですが、その時 16 ピクセル)、 16 ポイント (約 21 ピクセル) の時は、ビットマップを使っていること、他のフォントより大き目なので、特に画面の上では明確で、見易いはずです。

このフォント、残念ながら Linux 上では、多くのソフトで母音記号が全くではありませんが、半ば正しく扱われません。重なったり、スクロールで消えたりします。これは、ソフトあるいはライブラリの問題と思われます。

me_quran

これも Meor Ridzuan Meor Yahaya 氏によるフォントで、Madinah Mushaf に似たフォント、だそうです。実際のクルアーン (ムスハフ) からスキャンして作ったとのこと。まだ試験中。これはむしろ印刷用です。アルファベット他は含みません。(2006 年 10 月)。現在は GPL ではありませんが、いずれはそれに近いものにする予定のようです。

DejaVu

このフォントは X Window System などに標準的に含まれる Bitstream Vera を独自に追加、変更したものです。色々な言語の文字を含み、アラビア文字専用ではありません。ワスラ記号などは未サポートですが、現在 (2006 年 10 月) でも積極的に更新が加えられている事を長所と見て、挙げておきます。アラビア語のラテン文字転写に必要な付加記号は完全にサポートされています。

Bitstream Vera のライセンスはかなり自由です。DejaVu が変更した部分はパブリックドメインです。

Arabeyes & Kacst

これは色々な種類のフォントを含みますが、やや古く、ワスラ記号などは含まれません。GPL。

ターミナルなどのソフトで、等幅フォントが必要な時は、ここから Arabeyes_mono フォントを入手しましょう。等幅フォントが何か御存知ない方は、忘れて結構です。この等幅フォントに限り、ワスラ記号が含まれます。

emacs-bidiの等幅フォント

emacs-bidi のサイトからダウンロードできる等幅フォントも、有用です。等幅フォントが何か御存知ない方は、忘れて結構です。


GPL

「GPL」 というライセンスは、オープンソースの世界では広く知られたもので、単に料金を必要としない事にとどまらず、変更を加えたものを配布することなども認める、かなり自由なものです。(普通の使用では気にしなくて良い、ということです。) 解説は Linux / オープンソースとアラビア語のページの、オープンソースでよくあるライセンスの節からたどれます。

ウィンドウズのフォントについて

ウィンドウズのフォントは、ウィンドウズのバージョンが違うと、同じ名前のフォントでも改良が加えられている事にも注意して下さい。

フォントを探せるサイト

(2006 年 11 月) このサイトは、以前は David McCreedy's four travel phrases の一部でしたが、最近独立しました。

アラビア文字フォントの現状

含まれる文字

特に無料のフォントでは、ワスラ記号や短剣アリフを含まないものがあります。クルアーンの記号などは、更にサポートが薄いです。上のおすすめフォントで挙げた物は、特に断わらない限り、大丈夫です。

というより、2006 年秋の時点では、フリーなフォントでクルアーン記号は含むものは、上に挙げたものくらいです。

アラビア語、ペルシャ語では使われない文字は、含まれない事も多いです。たとえば U+06D5 "AE" は、ユニコードの文字の表によれば「ウイグル語、カザフ語、キルギス語」、またクルド語でも使われるとの事です。これはユニコード 1.0 で既に規定された文字であるにも関わらず、含まないフォントが多いようです。

シャクルなどの表示は見易い?

シャクルなどの付加記号は、ウィンドウズに含まれるものも含めて、見易くないものが少なくありません。アラビア語を外国語として学習する人には困ります。

ソフトとフォント

フォントの規格の種類は、結構な数があります。ユニコードの規格の更新もあいまって、新しいソフトと新しいフォントの組み合わせならば、問題は少ないですが、そうでない場合は変に描かれる事もあります。

オープンソースなソフトの場合については、ソフト事情のページで説明します。

アラビア文字のフォントは小さい!

アラビア文字のフォントは、同じサイズを指定すると、他の文字、日本語やアルファベットと比べて、かなり小さいです。これは、アラビア語を母語とする人にも頭痛の種らしいです。

上のおすすめフォントの mry_KacstQurn は、大きめにできていますので、読み易いです。

ビットマップとスケーラブル

ビットマップフォントとは、点々について、一個一個指定して、形を作るものです。画面の上の文字のように、小さく描かれる時はこちらが見易いです。昔のフォントは多くがこれでした。(最近は携帯電話の文字なども)

スケーラブルフォントとは普通、輪郭線を (数式で) 指定したもので、拡大しても同じように見えますので、画面上でも大きい文字や、印刷に向きます。最近のフォントはほとんどがこれです。

画面上ではビットマップが見易いので、スケーラブルフォントの中には、ビットマップを合わせ持っているものもあり、小さいとビットマップが、大きいとスケーラブルが使われるます。先に紹介した mry_KacstQurn は、埋め込みビットマップを含んでいます。

フォントのサイズ; ポイントとピクセル

フォントのサイズは、高さを指定します。この時、まぎらわしい二つの単位があります。ポイントとピクセルです。

結論を先に言うと、今日では、圧倒的にポイントが多く使われます。 以下は、特に知っておく必要はありません。

ピクセルというのは、画面などの点ですね。 10 ピクセルといったら、上下方向には 10 個の点で描かれます。ポイントというのは、活字用語で、1 / 72 インチです。

さて、今日 (2006 年初頭)、画面の点の密度は、96 dpi が普通です。これは厳密なものではなく、解像度が同じ 14 インチの画面も 15 インチも、慣習的に 96 dpi と考えられます。

96 dpi の画面で 10 ポイントの文字を表示すると、 10 * 96 / 72 = 13.3 ピクセルになります。

さて、フォントの指定には、どちらが使われるでしょうか。結論から言うと、ほとんどがポイントです。実用上、印刷する時には絶対的な単位であるポイントでなければ意味がありません。また、TrueType 等のスケーラブルフォントでは、輪郭の曲線が数式で指定されますので、これも、ピクセルとは、直接には関係ありません。

一方、ビットマップフォントは、各ピクセルが、白か黒かを指定するものです。画面の解像度がいくらであろうと、 10 ピクセルは 10 ピクセルです。これは画面によって、0.5 cm かも 3 cm かも知れません。

フォントと表現型

(多分) OpenType 以前

ユニコード / 符号化法のページにも書きましたが、フォントによっては (OpenType 以前?)、変形された文字の形を、表現型として格納するものがあるようです。つまり、同じバーでも ببيت では形が違いますが、ユニコードではバーは一つとして定められていますので、受け皿として表現型に収めておく、という事のようです。

OpenType の場合

OpenType の場合は、「前後の状況によってはこの形」という情報を、各文字が保持することができるらしく、表現型は使いません。

これが最も劇的に示されるのは mry_KacstQurn フォントです。このフォントは、(2006 年ではおそらく世界で唯一) هذا の二種類のつづりに、短剣アリフが対応します。ハーの上にファトハがある場合にも、ハーの上が短剣アリフの場合にも、うまく表示されます。(画像はまだです。各自試して下さい。)こういった芸当は、OpenType でないとできません。(Decotype 社 あたりでは、さらにその先を行く動きがあるようです。)

こぼれ話: ナスタアリーク体

ウルドゥー語で普通に使われる字体はナスタアリーク体ですが、変形ルールが多いために描字が大変で、ペンティアム 4 のコンピュータでも 100 ページ前後でダウンするそうです。そのためにコンピュータ上では、ウルドゥー語でも普通はナスヒー体を使うそうです。(どのくらいあるか知りませんが、ナスヒー体以外のフォントは、現時点ではだめという事でしょうか)

リンク

技術的なこと

  • Microsoft 社による、OpenType の仕様の中で、アラビア文字変形に関するページ (英語)

フォントのテストサイト

ページ一覧



Also on Fandom

Random wikia