Fandom

Scratchpad

東大のドエムリオン

227,237pages on
this wiki
Add New Page
Discuss this page0 Share

作品概要

解説

2007年11月14日に発売された。作詞はゆかことその他ゴーストライター。作曲・編曲・音楽プロデュースはゆかこ℃Mにとってソロシンガーデビューとなるシングル。アニメ『東大のドエムリオン』の同名主題歌として発表された。

「白くてメタボなドエムだけど愛してる」というフレーズが耳から離れないというファンが多い。


歌っているのは℃Mであるが、歌詞の内容は作詞のゆかこが℃Mに向けて綴った愛の歌になっている。楽曲中の「僕」は「ゆかこ」を指していると思われる。

楽曲の人気

CDソフトのセールスのみならず、音楽配信ダウンロードにおいてもほとんどの配信サイトにおいて℃Mソングに起用後は軒並み上位にランクインしている。特筆すべきはiTunes Storeにおける音楽ダウンロードランキングにおいて、これまで1位を保っていた「味楽る!ミミカNo.1」を抜いて2007年11月第2週目に1位を記録したことである。

歌詞

℃M(ドエム)の始まりの日 巣鴨の木の下で

老人たちの声の すぐ近くで アニソン聴いた


多くのキャラの中で 愛したのは長門

脳裏で抱きしめて 君は何処(どこ)を彷徨(さまよ)い行くの


東京のアニヲタの同士たち

出会わなければ 「天才青年」でいられた

不死なる萌えを持ってる長門

傷つかないで ダメな僕

玉の輿のるため生まれてきた


※白くてメタボな℃Mだけど愛してる

大学生になった頃からなぜかアニヲタになった

運動オンチで短パンだけど愛してる

長門知ったその日からあの女に対する嫉妬心消えない


20代終わる前に 旬の時期終わる前に

現実を教えて 僕の魅力刷り込みたいよ


某塾通った中二の記憶

失意にのまれ立ち尽くす麗しき僕

よみがえれ 好青年℃M

溺れないで 二次元に

現実を生きるため生まれてきた


(※繰り返し)


君がさらにアニメにはまって

何話も何話もひたすら観て

見守る僕が眠れない僕がストレスで太ったとしても

安定した未来のために・・・


(※繰り返し)

歌詞解説

「東大のドエムリオン」はアニメを観ていない人には歌詞の意味が分からないいわゆる「電波ソング」の一つであるため、ここにその意味を記す。

  • 「巣鴨」「老人」…℃Mの住む寮があるのが巣鴨である。ちなみに巣鴨は老人たちの憩いの場として有名である。
  • 「長門」…「涼宮ハルヒの憂鬱」のキャラクターである「長門有希(ながとゆき)」を指している。
  • 「天才青年」…中学時代、作詞家のゆかこは℃Mを「天才少年」と呼んでいた時期があった。
  • 「白くてメタボ」…色白で最近メタボリックの症状が見られると℃M本人が述べている。
  • 「運動オンチ」…水泳のみ得意。
  • 「短パン」…大学生になってからは「イケメソズ」として活躍していたが、小学生の時は「短パンマン」として世界の平和を守る活動をしていた。
  • 「旬の時期」…℃Mではなく、ゆかこの旬の時期を指すものだと思われる。
  • 「某塾」…℃Mとゆかこが仲良くなったのが中学時代に通った某塾であった。
  • 「ストレスで太る」…別にストレスなどなくても太っているのに・・・。


収録曲

  1. 東大のドエムリオン
    • テレビNGY系アニメ『東大のドエムリオン』オープニングテーマ
    • 同アニメ挿入歌
  2. 東大のドエムリオン (little mix)
  3. 東大のドエムリオン (instrumental)

外部リンク

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.