Fandom

Scratchpad

Japanese Loves Suits

216,067pages on
this wiki
Add New Page
Discuss this page1 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

Trivia of Suits

Suits means "one" set and that means every parts of suits are gathered.Therefore, with a suit of a gentleman, there are three parts jacket, pants and vest.In addition, with a woman, there are jacket and skirt, pants, dress which are sets.

Originally, both should use same cloth as a suits by condition.Opposition, if the used cloth are not same, that says ensemble.However, in recently, if the used cloth are not same, that also says suits.The history of suits is unexpected short and it is said about 100 since it is born.

Suits has various classification methods. on a grand scale, we can classify it 3 parts that are society, business and casual.As a suit which is global standard, we have 3 kinds of traditional form which are Classic, American, and European are given.


History of Suits

The modern suit did not appear until the mid nineteenth century, but the origins of its coat can be traced back to the revolution in men's dress set by Charles II, king of Great Britain in the 1660s.

What we call the modern suit was originally a nineteenth-century English innovation in dress. It was originally usually referred to a lounge suit and was worn only in the country and at the seaside.

The earliest women's suits were riding habits, which consisted of a tailored coat or jacket and matching skirt from the 1660s.

n the first half of the twentieth century, the skirted suit became the common daytime city costume for women, in the workplace and out; dressmaker suits featured softer fabrics and "feminine" details, and cocktail suits were worn for semiformal occasions in mid-century.


Japan and Suits

In Japan, suits became common after the last stages of the Tokugawa Shogunate to the Mage age. In those days, type of suit that made in British, American, or French is popular, but there are only three-pirce suits so every Japanese dressed them. However, mainly people who were working on govermental organ(scholar, politician and officer), but the mainstream in public was still Kimono.

The climate is still alive. Civilians wear single-breasted suit , and officer, goverment employees or schlar choices three-pierce suits by preference.It became major that business suits were adopted as a uniform. After WW2, two-button suits were mainstream, and three-button suits popularized again.

Double-breasted suits was popular in bubble economy term. At present, single-breasted suits with three-button is mainstream in young-generation. In over middle-generation, single-breasted with two button is in favor, and double-breasted is regularly seen. Double-breasted suits have an effect that make believe the wearer bigger. So these are popular particular people who should gain the ascendacy over.(Ex. Teacher, Policeman and bureaucrat.) Japanese gang wear double-breasted suits to coerce.


Japanese Loves Suits

We think about reason Japanese loves suits, there are avobe background of history. Sugimoto and Moa pointed out almost the theory of Japanese are common in fundamental three insistences (1982). First at individual level, Japanese tend to be week to form ego. There are not "an independent individual". Second at human relations level, Japanese tend to be group in society. It is characterized by "Droupism" which contribute to belonging group about how to connection with each Japanese. Third at general society level, Japanese have common in principle about consensus, harmony and unification. Therefore stability and team sprit are very high level. Those cultural characteristic are cause of Japanese wear suit as uniform.

At the beginning suit came in Japan, suit was very expensive. That was symbol of the upper class. So there are 2 reasons. First, Japanese mind decency. There was no individual opinion. People wore it how to prove of belong the upper class. And suit expanded some class people, so that it changed from especial thing to ordinal thing. In addition, suit was taken uniform, this did its part to express particular group. Therefore suit may spread symbol which means worker.


In Japanese...

それぞれ個別に分かれているものが集まってできたひと揃いを意味しています。ですから、紳士のスーツでは、ジャケットとパンツの2ピース、それにベスト(チョッキ)を加えた3ピースがあります。また、婦人では、ジャケットにスカートや、パンツ、ワンピースをセットにしているものがあります。本来は、いずれも、同じ生地が使用されていることが条件としてスーツと位置付けされおり、それに対して生地の異なるものが使用されている場合は、アンサンブルと言います。

しかし、近年では、同じ生地を使用していなくても、スーツと言う名称を使うようになっています。スーツの歴史は意外に浅く、誕生してから約100年と言われています。スーツにはいろいろな分類方法があると思いますが、大きくは、社交、ビジネス、カジュアルの3つに分類することが出来ます。グローバル・スタンダードなスーツとしては、伝統的なクラシック3種類として、クラシック系、アメリカ系、ヨーロッパ系が挙げられます。

日本では幕末末期~明治時代以降着られるようになる。その頃のスーツはイギリス製、アメリカ製、フランス製が主流だったが、当時はスリーピーススーツしかなかったので当時の日本人が着たスーツはいずれもスリーピーススーツであった。但し、着用したのは専ら政治に関連する者(学者や国政に関与する政治家や政府役人)で、大半の日本人は和装が主流だった。

今現在でもこの風潮が残っており、市民階級のビジネスマンはシングルでも良いが、国家に近い公務員や特に国家公務員や学者はスリーピーススーツを好んで着用する風潮がある。制服(軍服)としては、長らく立襟型のジャケットが用いられてきたが、市民服としての背広の一般化に伴い、制服として背広型が採用されることも多くなってきた。

第二次世界大戦以降は、2つボタンが主流であったが、1990年代頃より3つボタンも再度普及する。日本ではバブル期にダブルが流行した。現在は若い世代を中心にシングル3つボタンが主流。中年以上の世代ではシングル2つボタン、ダブルもしばしば見受けられる。ダブルには身体を大きく見せる効果があるため、現在でも教師や警察官、官僚など、他人より優位に立つべき職種に就く人々に好まれる傾向にある。また、暴力団関係者などは威圧感を高める為にダブルを着用することが多い。

なぜ、日本人がスーツや制服を好むかという事に関して私たちが考えた事として、上記のような歴史的な背景があるがあり、日本人が本来から持ち合わせている性質的なものが合致したからではないかと考える。

杉本とマオア(1982)は、日本人論の多くは以下の3つの根本的主張を共有していると指摘している。

1. 個人心理のレベルでは、日本人は自我の形成が弱い。独立した「個」が確立していない。

2. 人間関係のレベルでは、日本人は集団志向的である。自らの属する集団に自発的に献身する「グルーピズム」が、日本人同士のつながり方を特徴づける。

3. 社会全体のレベルでは、コンセンサス・調和・統合といった原理が貫通している。だから社会内の安定度・団結度はきわめて高い。

こういった文化的特長が、日本人が「制服」としてのスーツを着る一因にもなっていると言える。 スーツが日本に入ってきた当時、スーツは高級なものであり、「上流階級」の象徴であったといえる。それが今のようにとりいれられる様になったかは具体的に2つの理由が考えられる。 一つ目は、日本人が「ウチ」と「ソト」を気にする民族だということ。そこには個人の主張はなく、「上流階級」という集団に入ったことの証明がスーツであったと言える。

また、色々な人がスーツを取り入れることによって、それは上流階級を表す特別なものではなく、普遍的なものへと変化していく。さらに、制服として取り入れられたスーツは大きな団体を見た目で現す訳も買って出ている.その考えが転じて、「働く人」の象徴としてスーツが用いられるようになったのではないか,と推測される。

Also on Fandom

Random wikia